MENU

両親からの出産祝い!お返しは何を選ぶべき?

出産祝いに対するお礼は、お祝いをもらったかを問わずに自ら喜びを分かち合いたいという意味合いのある内祝いとして贈ります。
これには赤ちゃんの名前をお披露目する意味合いが大きく、ご両親にとっては初孫の誕生であり、これからもずっとお付き合いがあるため基本的には必ず贈るようにします。
ここでは、ご両親への出産祝いのお返しに向いているものとお返しは不要と言われた時にはどうすればいいのか、内祝いののし紙の選び方について紹介します。

 

ご両親への出産祝いに向いているもの

赤ちゃん誕生はご両親にとって孫の誕生であるため、ご両親もまた心から喜ぶおめでたいものです。
このため、他の人には贈れないような赤ちゃんの名前や写真をラベルに入れたワインや日本酒、名入れのバームクーヘンやカステラなどを贈ると喜ばれることが予想できます。

 

この他にも赤ちゃんが産まれた時の体重分のお米を贈る「赤ちゃん米」は、お米であるためご両親のみならず他の親しい人達への内祝いにも向いています。
またご両親に出産内祝いを贈る場合にはお礼状と赤ちゃんの写真を添えるようにします。

 

お返しは不要と言われた時は?

ご両親にとっては可愛い孫のために高額な出産祝いを贈るケースは多く、若い夫婦を気遣ってお返しは不要と言う場合もあります。
しかしながら、義親の場合には言葉通りに受け取らず、本当に不要なのかどうかを夫婦で話し合い決めるようにします。
お返しは不要と言われたもののお返しをする場合と、本当に不要な場合の対応は以下のようになります。

 

お返しを贈る場合

 

高額な出産祝いを頂いた際にお返しは不要といわれた場合、半返しのしきたりを厳密に守るとかえってお互いにとって負担となりがちです。
このためしきたりにはとらわれずに無理のない予算内で心を込めて気持ちが伝わる品を贈るようにします。

 

お返しが本当に不要な場合

 

この場合であればお礼状と赤ちゃんの写真だけでも贈り、何かの折には赤ちゃんの成長を報告するようにします。
この他にも今後のお付き合いの中で手土産を欠かさない、別の機会にお返しをするなどによりご両親とのお付き合いを大切にします。

 

出産内祝いののし紙の選び方

 

出産内祝いののし紙は、表書きを「内祝い」とし、紅白のもろわな結び(蝶結び)の水引を選び、水引の下中央には赤ちゃんの名前をふりがな入りで書き入れます。
また出産内祝いののし紙は、子どもの成長を願い邪気を祓う意味合いのある犬張り子とでんでん太鼓の印刷されたものを選びます。

Sponsored Link