親から子供への出産祝い金額相場

MENU

親から子供への出産祝いは「50,000円〜100,000円」が多い

両親から子供への出産祝いについては、いくつかの説があります。
「20,000円〜50,000円」くらいが相場という説も有力です。
それくらい、親から子供への出産祝いの相場は人によって変わります。

 

しかし、あくまで管理人の感覚では「50,000円〜100,000円」の金額相場の方が現実に贈られているものの相場に近いと考えています。

 

親から贈る出産祝いは相場を気にしないでも良い

「50,000円〜100,000円」程度が相場とお伝えしましたが、「親からの出産祝いは受け取っていない」という方も実はかなり多いです。

 

親から出産祝いを贈ろうとしても、子供側が断ったりということも多いです。
その理由は「親の経済面があまり良くない」「出産前後にかなりサポートしてもらえたから」など理由は様々です。

 

親から子供への出産祝いは、親側は無理せず喜んで贈ることができる程度の金額やプレゼントを贈る形で問題ないでしょう。

 

親がベビー用品の用意をしてあげることが多い

赤ちゃんが生まれると本当に色々なものが必要になってきます。
ベビーウェア、おむつ、ミルク、チャイルドシート、おくるみ、ベビーベッド、ベビーカー、スタイなどなど、かなりお金がかかってしまいます。

 

そのため、両親がベビー用品を一通り購入してプレゼントしてあげる。
というケースは非常に多いです。
こういったベビー用品一式をプレゼントことは立派な出産祝いとなります。

 

両家で話し合って同程度のプレゼント・金額を贈ると◎

よくある出産祝いの不満として「両家の出産祝いの金額にかなり開きがある」ということです。
「妻側の両親は10万円くれたのに、夫側の両親は1万円しかくれなかった」というような不満です。

 

これは出産祝いを受け取る子供側の姿勢にも問題があるとも捉えられますが、現実にあがってきている不満内容です。

 

こうしたことを防ぐためにも両家で出産祝いの金額やプレゼントなどを同程度に合わせるように話し合いを行うことが簡単に防止できます。

 

同じプレゼントを重なって贈らないためにも、ぜひ簡単にでも良いので両家で話合って出産祝いの内容を決めてみてください。

Sponsored Link