出産祝いのお返しを贈る時期

MENU

出産祝いのお返しは「お宮参りの時期」に贈る。

出産祝いのお返しは、生後一ヶ月後のお宮参りの時かその前後に内祝いとして贈るのが一般的です。

 

お宮参りの時期は、男の子の場合は生後31日目、生後32日目とする地方が多いですが、だいたい一ヶ月程度と考えておけば問題ないです。
遅くなったとしても二ヶ月以内を目処にお返しを贈ることができれば失礼にあたりません。

 

お返しを贈る時期が早すぎるのは良くないことも。

気にしすぎる必要はありませんが、出産祝いのお返しのタイミングが早すぎてしまうと良くないこともあります。
先方に「気を遣わせてしまったかな?」と思わせてしまうことがあるからです。

 

たとえば、出産祝いを生後1週間程度の時にいただいたような場合、本当にすぐにお返しを贈ってしまうと「気を遣わせてしまったかな?」と思わせてしまう可能性もあります。
こうしたケースでも、お宮参り前後にお返しを贈る形が無難です。

 

遅れてもらった出産祝いは、時期を気にせずお返しする

生後一ヶ月後、または数ヶ月遅れてもらった出産祝いについても、しっかりお返しは贈るようにします。
ただ、この場合は贈る時期は気にせず贈る形で問題ないでしょう。

 

お祝いをいただいてから一ヶ月以内程度でお返しを贈れば無難です。

 

出産祝いのお返し時期についてのまとめ

出産祝いのお返しを贈る時期についても、一般的なマナーはありますが、これは気にし過ぎることはありません。
単純に「生後一ヶ月後のお宮参りの時期くらいにお返しを贈れば良い」と覚えておけば問題はないでしょう。

 

ただ、出産祝いは母子の体調が安定する出産後1週間以降のお母さんが退院してから贈るのが基本です。
産後の生活に慣れていないことが考えられるため、よほど親しい関係を除き、基本的には配送で届けるようにします。
そういった中で持参する場合には、お母さんと赤ちゃんの生活が落ち着く頃、相手に確認してから渡しに行くことに加え、長居は避けるようにしましょう。

Sponsored Link