お返し不要の出産祝いを贈る場合の書き方

MENU

お返し不要の出産祝いを贈る場合のメッセージの伝え方・書き方

 

様々な理由で「お返しをもらっても困る!」という場合がありますが、お返しを辞退しても様々な理由からお返しがなされる場合があります。
このため辞退してもお返しを贈られたら無理矢理に断らず、ありがたく受け取るようにすることがマナーとなります。

 

「若い夫婦を気遣いたい」、「贈ったお祝いが少額だから」、「いつももらってばかりだから」などの理由で
出産祝いでお返し不要と伝えたいという方のために出産祝いのお返し辞退の伝え方、書き方などをまとめてみました。

 

出産祝いのお返しが不要な場合の伝え方

いただきものをした際、半分程度の金額の品物をお返しする「半返し」というしきたりがあります。
ところが贈ったお祝いが高額な場合や反対に少額な場合、お返しはかえってお互いが気を使うものとなってしまう場合があります。

 

このためお返しが不要な場合には、贈る際に「お返しの気遣いはなしにして良い」ということを伝えるようにします。

 

また、お返し分を込みにせず省いた額で贈り、そのことを伝えるという方法をとると良いでしょう。
「気持ちばかりの品なのでお返しのことは考えなくとも大丈夫」という表現で伝えるとスムーズです。

 

「お返し不要」と伝えてもお返しをもらった場合の心構え

それでも相手がしきたりを忠実に守るなどのことから、お返しが贈られる場合があります。
こういった時には無理に断ってしまうとせっかく用意してくれたものを拒むことになり失礼になってしまうため、ありがたく受け取るようにしましょう。

 

出産祝いのお返しとして贈られる内祝いとは?

出産内祝いとは内輪の喜びごとを共に喜んでもらうために贈るものです。
本来であれば出産を知らせた人全員に贈るものでしたが、最近では出産祝いをくれた人へのお返しとして贈られることが多くなっています。

 

この時ののし紙の水引の下には赤ちゃんの名前を書き入れるため、これにより名前を知ってもらうという目的もあります。

 

このためお返しは不要と伝えても、本来の内祝いや赤ちゃんの名前を知ってもらう目的で贈られる場合も考えられます。

Sponsored Link