MENU

中袋の表と裏には何を書けばいいの?

このページのポイント

・中袋の表面の中央に金額を縦書きで書く
・表面に枠がある場合は、その枠に沿って書く
・表面も裏面も縦書きの場合は漢数字、横書きの場合は通常の数字
・中袋の裏は、左下に縦書きで住所と名前を書く

中袋の表面には金額を真ん中に書きます。

中袋の真ん中に「縦書き+漢数字」で入れたお金の金額を書きます。
表面はこれだけで大丈夫です。

 

金額を書くための枠があるタイプであれば、その枠に沿って金額を書きます。
横書きで漢数字の金額を書いてしまうと逆におかしくなってしまうため、この場合は通常の数字(10,000円など)で大丈夫です。

 

中袋の裏面には住所と名前を書きます。

中袋の裏面には、左下に縦書きで住所と名前を書きます。
ここでも番地や郵便番号は漢数字で書くようにしましょう。

 

直接対面で出産祝いのご祝儀袋を渡す場合は、書かなくても大丈夫です。

 

中袋に入れたお金(お札)の向きは大丈夫ですか?

中袋の入れ方にマナーがあるように、中袋に入れるお金の向きにも基本マナーがあります。

 

中袋にお金を入れる場合、袋の表側にお札の表が来るように入れます。
さらに、お札の人物が袋の口に近い方に入るように入れましょう。

 

違う入れ方をしてしまうと、出産祝いとしてはマナー違反となってしまいますのでチェックしてみてください。

Sponsored Link