現金書留で出産祝いを送る時 | メッセージの書き方

MENU

出産祝いの現金を送るときのメッセージ作成のコツ

出産祝いの現金書留

 

贈り物をする際にお金包みや品物は基本的には手渡しがマナーです。
しかし、出産祝いに関しては贈られる側が産後の生活に慣れていないことが考えられるため、郵送を利用するほうが相手への気遣いとなります。

 

お金は普通郵便では送れないため現金書留を利用しますが、この時に簡単なもので良いのでお祝いのメッセージを添えるのがマナーとなります。

 

ここでは出産祝いを現金書留で贈る場合のメッセージの書き方のコツと避けたほうが良い忌み言葉について、加えて良い手紙を書くためのポイントを紹介します。

 

出産祝いの現金を送る時のメッセージのコツ

出産祝いなどのお祝いの手紙はありきたりの綺麗な言葉を並べるよりも、自分の言葉でお祝いの気持ちを伝えることが大切です。

 

出産祝いを贈る際のメッセージの書き方のコツとして、主に以下の4つが挙げられます。

  • 時候の挨拶は省略し、はじめから喜びを素直に伝える。
  • 母親の健康を案じ、赤ちゃんの将来を祝福する言葉を伝える。
  • 相手の家族の喜びも察する言葉も添える。
  • お祝いのお金を贈る場合にはその旨を伝え「心ばかりのお金を送ります」というように書く。

 

出産祝いメッセージで避けるべき「忌み言葉」

忌み言葉とは不吉な意味を連想させる言葉です。
冠婚葬祭の手紙のマナーにおいて避けたほうが良い表現を指します。
出産祝いにおいては流産や死産、子どもの死を連想させるような「流れる」、「落ちる」、「破れる」、「死ぬ」、「苦しむ」などの言葉の他、死や苦を連想させる四や九などがそれにあたります。
このため「時が流れる」「木の葉が落ちる」などの表現は避けるようにし、「時が経つ」「冬らしくなってくる」のような表現に変えるようにします。

 

良いメッセージを書くためのポイント

出産祝いのメッセージのコツと忌み言葉を使わないことに加えて、一般的な手紙でも通用する良い手紙をかくためのポイントとして以下の4つが挙げられます。

 

文字は丁寧に書く

 

いくら出産祝いのメッセージのポイントを押さえていても書きなぐった文字では相手に失礼になるため丁寧さが大切です。

 

出す前に読み返す

 

誤字や脱字、敬語などの間違いは意外に多いため、書き終わったら読み返して確認します。

 

タイミングを押さえて出す

 

お祝いの手紙は早すぎても遅すぎても気持ちが伝わらないため、出産前や産後日数が経ってからではなく、出産の知らせを聞いたら1週間から1ヶ月以内までの間に出します。

 

文章は簡潔に分かりやすく書く

 

用件は簡潔に分かりやすく書くのがコツで、回りくどい表現は逆効果となります。

 

出産祝いの現金を贈るときのメッセージのコツ「まとめ」

出産祝いのメッセージのコツは喜びを素直に伝え、お母さんの健康や赤ちゃんの将来への祝福、相手の家族の喜びについて書くことです。
また忌み言葉を避けて文字は丁寧に書き、読み返して内容をチェックした後、タイミングを押さえて出します。
出産祝いのメッセージはこれらのコツを踏まえつつ、ありきたりな言葉ではなく自分の言葉で気持ちを伝えるようにします。


Sponsored Link