MENU

双子の出産祝いの相場は、1人分の1.5倍が無難。

双子の出産祝いは諸説ありますが「1人分の1.5倍」という相場感が一番無難なのかと考えます。

 

双子の出産祝い相場で言われている額
  • 1人分と同じ額〜1.5倍
  • 1人分の1.5倍〜2倍
  • 1人分の金額より少し多めでOK

その人の価値観や状況によって変わりますが、
1人分に近い予算の品物や金額だと「双子なのに少ない!」と思われてしまうことも多いようです。

 

とはいえ、二人分(2倍)の予算の品物や金額を渡すとなると
贈る側の負担も大きくなり、贈られる側もお返しの負担が大きくなってしまうという側面もあるのです。

 

こういったことを考えると、特に事情がなければ「1人分の1.5倍」の相場感を基準に
出産祝いの品物の予算を考えたり、現金や商品券の金額を考えてみる良いと考えています。

 

それでは、「1人分の1.5倍」という考え方をもとに、贈る人別に双子の出産祝い金額の相場感をまとめていってみます。

 

職場の同僚に双子が生まれた場合:4,500円〜7,500円

職場の同僚への出産祝いはだいたい3,000円〜5,000円程度と言われています。
そのため双子の場合は「4,500円〜7,500円」を目安とすると良いでしょう。

 

職場の同僚の場合は、比較的低額の品物や金額のものを贈ることが多いです。
詳しくは当サイト内にあるページをご参照ください。

 

双子の出産祝い「職場の同僚の出産祝い相場について」を読む。

 

職場の上司・先輩に双子が生まれた場合:7,500円〜15,000円

 

職場の上司や先輩は、同僚へのお祝いと比べると少し額を大きくなる傾向があります。
相場としては5,000円〜10,000円程度です。
そのため、双子の場合は「7,500円〜15,000円」を目安とすると良いでしょう。

 

「お返しは不要」を伝える前提で、双子の出産祝いを低額に抑えて4,000円〜5,000円程度の物を贈るという選択もアリでしょう。

 

双子の出産祝い「職場の上司・先輩の出産祝い相場について」を読む。

 

兄弟・姉妹に双子が生まれた場合:7,500円〜45,000円

兄弟や姉妹への出産祝いの金額相場はかなりレンジが広く5,000円〜30,000円程度です。
そのため、双子の出産祝いを1.5倍を目安とすると「7,500円〜45,000円」が相場と考えることができます。

 

ただ、兄弟や姉妹への出産祝いは10,000円程度が一番多いというデータがあります。
そのため、金額に迷っているようであれば双子の出産祝いは15,000円程度でもほとんどの場合問題ないでしょう。

 

双子の出産祝い「兄弟・姉妹の出産祝い相場について」を読む。

 

双子の出産祝いで大事な考え方

かける金額は1.5倍であったとしても、こども二人分のお祝いということは忘れないようにしましょう。
品物を渡す場合は当然二つ分用意します。
現金や商品券の場合は特に二つに分ける必要はないでしょう。

 

双子の出産祝いはこのページの金額相場を参考にしながら
贈る方との関係性などで決定するようにすると間違いがないでしょう。

 

ちなみに品物を贈る場合は「双子用ツインズおむつケーキ」という商品が人気のようです。
13,800円なので金額的にもちょうど良いですね。

 

ぜひ喜ばれる双子の出産祝いを選んでください。

Sponsored Link