MENU

出産祝いの金額相場を、贈る人別にまとめています。

出産祝いの金額相場

 

出産祝いの相場は、贈る人との関係性や状況などで大きく変わります。
そのため「明確な正解がない」のが難しいところです。

 

このサイトでは、できるかぎり色んな状況に応じた出産祝いの金額相場やマナーなどをお伝えしていきます。
せっかく贈る出産祝いを喜んで受け取ってもらうために、ぜひご活用ください。

 

上司への出産祝い相場は「5,000円〜10,000円」

職場の上司への出産祝いの相場は「5,000円〜10,000円」程度です。
しかし、贈る金額で一番多かったのは「5,000円〜7,000円」という調査結果もあります。

 

同僚同士で小額のお金を集めて、10,000円以上のプレゼントを用意しても良いでしょう。
また、お返し不要と伝えて気軽に受け取ってもたえるよう3,000円程度のお祝いを渡すのも◎です。

 

出産祝いの相場「上司への出産祝い相場」を詳しく読む。

 

 

同僚への出産祝い相場は「3,000円〜5,000円」

同僚への出産祝いは、同じ部署の同僚同士でお金を集めてプレゼントをお祝いとして贈るのが一般的です。
金額は「3,000円〜5,000円」が一般的。多くて10,000円です。
個人的に仲の良い同僚の場合は、個別にプレゼントを贈ると良いでしょう。

 

出産祝いの相場「同僚への出産祝い相場」を詳しく読む。

 

 

兄弟・姉妹への出産祝い相場は「5,000円〜30,000円」

兄弟・姉妹への出産祝いは、贈る側の年代や社会的立場などで上下します。
そのため、金額相場としては「5,000円〜30,000円」と幅が広いです。

 

同じ20代でも学生なのか?社会人なのか?30代以上なのか?既婚者なのか?で金額的な相場が変わってきます。
詳しくは当サイト記事に記載していますので、参考にしてみてください。

 

出産祝いの相場「兄弟・姉妹への出産祝い相場」を詳しく読む。

 

 

友人への出産祝い相場は「5,000円〜10,000円」

金額の相場としては「5,000円〜10,000円」程度ですが、5,000円のプレゼントを贈る人が最も多いという調査結果があります。
「お返しはいらないから」と伝えて、3,000円程度のお祝いをあげるのも良いでしょう。

 

友人への出産祝いは、現金ではなくモノでのプレゼントが多いです。
友達同士でお金のやり取りをするのも、何かヨソヨソしい感じがするという方が多いということでしょう。
とはいえ、現金や商品券もすごく喜ばれることが非常に多いです。
現金や商品券でお祝いを贈るのももちろん有りですので、「5,000円〜10,000円」程度でお祝いを贈ると良いでしょう。

 

出産祝いの相場「友人への出産祝い相場」を詳しく読む。

 

 

親戚への出産祝いの相場は「5,000円〜10,000円」

相場は「5,000円〜10,000円」とされていますが、親戚への出産祝いは10,000円程度が一番多いという調査結果が出ています。
付き合いのない親戚には出産祝いを無理して贈る必要はありません。
付き合いのある親戚だけに喜ばれる出産祝いを贈ってあげましょう。

 

出産祝いの相場「親戚への出産祝い相場」を詳しく読む。

 

 

双子の出産祝い相場は「1人分の1.5倍」

「1人分の1.5倍」が相場とはいえ、2人分のお祝いをしているという気持ちだけは忘れないようにしましょう。
現金や商品券の場合は、一袋にまとめて問題ありませんが、プレゼントの場合は当然2人分を用意しましょう。

 

出産祝いの相場「双子の出産祝い相場」を詳しく読む。

 

 

孫の出産祝いの相場は本当にピンキリ。

孫の出産祝いかなり個人差があるため相場はあってないようなものですが、一般的には「50,000円〜100,000円」と言われています。
孫の出産祝いの場合、両家で話し合って出産祝いを決めることがポイントとなってきます。

 

出産祝いの相場「孫の出産祝いの相場」を詳しく読む。

 

 

隣人・ご近所さんへの出産祝い相場は「3,000円〜5,000円」

金額的には「3,000円〜5,000円」が隣人・ご近所さんへの出産祝い相場です。
ご近所さんだからといって、必ず出産祝いを渡さなければいけない訳ではありません。
そこまで親しくない隣人・ご近所さんの場合は、本当に気軽にプレゼントできて相手の負担にならないものを贈るようにすると良いでしょう。

 

出産祝いの相場「隣人・ご近所さんへの出産祝い相場」を詳しく読む。

 

 

二人目、三人目の出産祝いは「基本的に一人目と同じ」

地域の風習によっては第二子以降にお祝いを贈らない場合もありますが、基本的には初めての子と同様にお祝いします。
そのため、二人目移行の出産祝いの金額相場は「1人目の子を同じ」と考えるが基本です。

 

出産祝いの相場 「二人目以降の子の出産祝い相場」を詳しく読む。
出産祝いの相場 「三人目の子の出産祝い相場」を詳しく読む。

 

当サイト人気記事


更新履歴